About

資格の概要

「人生100年時代」のキーマン

国家資格キャリアコンサルタント

職業能力開発促進法の改正で2016年に国家資格に

職業能力開発促進法の改正で2016年に国家資格に

 「キャリアコンサルタント」は、職業能力開発促進法にて2016年4月より国家資格と定められた新しい資格です。

 職業能力開発促進法の第2条第5項では、キャリアコンサルティングとは「労働者の職業の選択、職業生活設計または職業能力の開発 及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと」と定義されています。「人生100年時代」を迎え、就労期間の長期化と働き方の多様化が進む中、多分野で活躍できる対人支援のエキスパートとして、多くの注目が集まっています。

 また、同法第30条の28において、「キャリアコンサルタントでない者は、キャリアコンサルタントやそれに紛らわしい名前を用いてはならない」と規定された「名称独占」の資格でもあります。

キャリアコンサルタントになるためには

 キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験に合格し、厚生労働省に備える キャリアコンサルタント名簿への登録を受ける必要があります。

受験資格

受験するためには、下記いずれかの受験資格が必要です。

  • ①厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  • ②労働者の職業の選択、職業生活設計または職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
  • ③技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験または実技試験に合格した者
  • ④上記の項目と同等以上の能力を有する者

※ 労働調査会の「キャリアコンサルタント養成講座」は、①の厚労大臣認定講習に該当します。

試  験

 学科試験(筆記)と実技試験(論述、面接)の両方に合格することが必要です。なお、試験は以下の登録試験機関2団体のいずれかで受験することになります。

  • ▶︎キャリアコンサルティング協議会
  • ▶︎日本キャリア開発協会

これから求められるキャリアコンサルタントの実像

これから求められるキャリアコンサルタントの実像

 厚生労働省は、2015年に「キャリアコンサリタント10万人養成計画」を策定し、2024年度末までに10万人のキャリアコンサルタントを養成することを目指しています(2019年3月末時点でキャリアコンサルタントの登録者数は合計4万1,842 人)。

 順調に増加するキャリアコンサルタントの資格者数ですが、その一方で課題も浮き彫りになっています。それは、資格を取得したものの、実務経験の機会を得ることができない、いわゆる「名ばかり資格者」が相当数存在するということです(厚生労働省「キャリアコンサルタントの継続的な学びの促進に関する報告書」より)。言い換えれば、これからのキャリアコンサルタントには、多様な現場において活躍するためのノウハウ、すなわち「実践力」が求められています。

Contact us

お電話でのお問い合わせ

local_phone03-3915-6415
  • 株式会社 労働調査会
  • キャリアコンサルタント養成講座 運営事務局

WEBからのお問い合わせ

 

keyboard_arrow_up